So-net無料ブログ作成
検索選択

考古学者に変身

どうもマージュです。
調子はそこそこですよ。
feelsgood.jpg

近況報告になってしまいますが
考古学者になりました。
archaeologist.jpg
ほぼ半年ぶりになると思いますが、また冒険をしたいと思ってます。
目指すは大型クリッパー乗り。

ということで、今現在のマージュはこんな感じです。
20100531mage.jpg
銀行に入ってる金額まで隠さないのが私流・・・・え?

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

大海戦の大きな矛盾点

どうもマージュです。
いま、大海戦の真っただ中ですが、お元気ですか?
かくいう私は出れないので、さびしい限りです。

ところで、今回は大海戦の勝敗についての大矛盾点を考察していきたいと思います。

大海戦の勝敗は、各国の勝利ポイントを勝率に直され、その勝率の%の差によって、対象都市の影響度に反映されます。
簡単に説明すると、
A国の勝率が60%、B国の勝率が40%である場合、その10%分が影響度に反映されるってことになります。

ただし、ここには重大な矛盾点が生じています。

この影響度に反映される勝率は3日分の勝利ポイントを合計されて出されるので
施工数(=いわゆる勝敗数)が多くなればなるほど、50%に収束します。つまり50%に近い数になります。
なので、今回は勝ったぞ!と思っていても、勝率が数%程度の開きにしかならず、大した変化にならないのが実情なんです。

証明します。

たとえとしまして、ポルトガルとフランスが交戦状態とします。
実際大国ポルトガルと小国フランスが相まみえることはないですが
明らかに、戦力はポルトガル>>フランスなので、取り上げました。

1日目、ポルトガルの勝利ポイントが800、フランスの勝利ポイントが500だと、
ポルトガルの勝率が61%、フランスの勝率が39%になって、「圧倒的な差」になってしまいました。
影響度もかなり変動してしまって、攻撃がポルトガル側だったら、対象都市の旗が変わってしまいますね。

こうなると、フランスは勝利を諦めたくもなります。
だけど、この11%の差を埋めることは簡単なんです。

2日目どうしたらいいのか。11%分ポルトガルに勝たないといけないのかというとそうでもなく。
何もしないで戦えばいいんです。

日程の関係上1日は平日、2日目以降は休日にやることが多いです。
なので、2日目以降に参加される方が多いですね。
それでも、ポルトガルの圧倒的な戦力には勝てません。
善戦して
ポルトガルの勝利ポイント:1300
フランスの勝利ポイント:1000
同じ300ポイントの差で抑えることができました。
それでも、合計した勝利ポイントで600ポイントの差が生まれているので、もう・・・むりだ・・・・。
となりますが、合計した勝率を見ると
ポルトガルの2日間の勝率:58%
フランスの2日間の勝率:43%
となりまして、2日目も同じポイント差で負けたのに、勝率で3%縮まり「2日目は勝った」ということになる矛盾が生まれます。

現実問題、このような国力の差が生まれている国同士が戦うことがないので
1日目で大差がついて負けていても、2日目で勝てないとわかっていてもポイントで引き分けた(2日目の勝率が50%-50%に近いとき)なら勝率の差が大幅に縮まり、負けていた国の「大勝」となるわけです。

では、勝率を1日目を維持するにはどうしたらいいのか?ということになりますが
答えから言うと、「維持するのは難しいです。」
先程の例からすると、
2日目でポルトガルが勝率61%維持の状態、つまり「引き分け」にするのなら
ポルトガル:1600
フランス:1000
と、600の勝利ポイントの差をつけないと差が縮まるってことになります。

つまり、結論として
いまの勝敗つけるシステムにおいては
たとえ勝利ポイントで勝っていなくても、勝率のポイント差を縮めることができ、被害を最小限にできる
ということになります。

まぁ、サッカーで例えるならば
1試合目、2-1で勝って、
2試合目、3-2で勝ったのに、2試合目は相手の勝ちになっているということです。(実際大海戦の勝敗ルールだと2試合目が終わった時差が縮まっているので相手の勝ちになる)

これが、勝利ポイントで影響度が動いているのであれば、話は違いますが、
現状は勝率の%で動いているので、勝っているのに、勝ってない。負けているのに、被害を最小限にすることが可能。
ということがまかり通っています。

んで、こういう話をするとよく出てくるのが
「勝敗なんかどうでもよくて、仲良く海事で対戦できればいい」っていう意見が出ますが、
そもそもゲームとして成り立っていない、論議するのに問題外でしょう。
あとは、「その拮抗した勝率結果のため、1%の重みを修正しているからOK.」って言われますが
これも、逆にいえばそれしか対応できないってことでしょ?
そもそも、数%しか差がつかないのに、そこで重みを変化させても、結局合計勝利ポイントがさらに離れていっても勝利の差を縮めるという摩訶不思議的なことが可能で、そのために士気が上がることも可能でしょう。
なかよしこよしのなれ合いにしか見えないのよね。3日間もやるのに。

私はもう大海戦に興味がなくなりつつあります。爵位も取ったしね。

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ

追記(2010/05/30):
「通りすがり」さんからのコメントがあったので、私なりにいろいろ考えてみた結果、もっとわかりやすく説明します。
2チームしか在籍しないプロ野球でリーグ戦を行い(ここで2チームしかいないというのが重要です。3チーム以上になると全く話は違ってくるので注意が必要です。)
第1期終了1300試合終了時の勝敗が
1位 ポルトガル 800勝500敗 勝率0.615
2位 フランス  500勝800敗 勝率0.345 ゲーム差300
だったとしましょう。
第2期終了(第2期は2300試合する)合計3600試合終了時の勝敗が
1位 ポルトガル 2100勝1500敗 勝率0.583
2位 フランス  1500勝2100敗 勝率0.417 ゲーム差600
第2期内の勝敗は
ポルトガル 1300勝1000敗
フランス 1000勝1300敗です。
ゲーム差がさらに300開いたのにかかわらず「フランスは第1期より善戦した」んでしょうか?

これがわたくしが言いたかった、大きな矛盾点です。
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

南蛮貿易売り場まとめv2日本交易品SSと考察編

どうもマージュです。
チャプター2になって、南蛮貿易日本交易品の売り場が更新されたというので、
SSを各地で撮って、どこの地域で何が売れるのか考察したいと思います。
また、一覧表につきましては、南蛮貿易売り場まとめv2(に改名)にありますので、併せてご覧ください。

まず、注意書きとしまして
南蛮貿易は一般的に、各品が100%で38k~42kで売ることができます。
しかし、各地域に3品程度、100%で48k~52kで売ることができる品物があります。
前回のチャプター1ではあくまでも単価が50k以上のものに絞り込みましたが
どうも、関税の関係で48k~52kが高い金額になるということを知りまして、その金額に達しているものを
「高額売り場」として、その売り場を一覧表にすることを目的としてます。
また、今回から狭織、提灯、イグサの3品が増えましたが、イグサはカリブにしか売り場がないらしく、今回は省かせていただきました。
よって、前回チャプター1の20品と今回増えた2品について、EUでの相場をSSにして考察したいと思います。
ちなみに、わたくしはフランス人ですので、関税の点からなるべくフランスとの同盟国の町に行きました。
画像は、ブログの仕様によりこれより大きくできませんでした。詳細は画像をクリックしてみてください。

まず、北欧(オスロ~ストックホルム)からオスロです
OsloNanban.jpg
白磁鉱石、漆器は前からありました。イノシシが追加されたようです。狭織、提灯の二つ・・・。地域が合わないと全く駄目なんですね。

ドイツ(ハンブルグ、ブレーメン)からブレーメンです。
BremenNanban.jpg
清酒、イノシシは前からありました。和書物が追加されたようです。

ネーデルランド(アムステルダム周辺のネデ国)からアムステルダムです。
AmsterdamNanban.jpg
青苧、五倍子、西陣織は前からありました。狭織とクチナシが追加で、縫製系はアムステルダム一択ですね。とても覚えやすいです。

ブリテン島(ロンドン周辺のイング国)からロンドンです。
LondonNanban.jpg
前は、日本刀、菖蒲、和紙でした。今回から西陣織と提灯の2個が追加されてます。

北仏(カレー、ナント、ボルドー)から、カレーです。
CalaisNanban.jpg
前は、清酒、クチナシでした。日本画が追加されてます。

イベリア(ヒホン~モンペリエ)から、モンペリエです。リスボンとセビリアはここです。
MontpellierNanban.jpg
前は、和書物、佐摩銀、種子島銃でした。狭織となんと柚子も追加になっています。柚子は前回売り場がなかったのでよかったのではないでしょうか。

イタリア(マルセイユ~ヴェネチア)からマルセイユです。
MarseilleNanban.jpg
前は、日本画、醤油、そばでした。五倍子と提灯が追加になってます。
前回の私の日記でも見てもらったのがこれですね。

バルカン(アテネ、サロニカ、カンディア、ファマガスタ)から、ファマガスタです。
FamagustaNanban.jpg
前回ナスのみでしたが、種子島銃が追加されてます。

今回から近東(ベイルート、ヤッファ)を調査対象としまして、ヤッファです。
JaffaNanban.jpg
ここは、種子島銃と日本刀ですね。イノシシと清酒が単価0です。

北アフリカ(アルジェ~カイロ)も調査しまして、チュニスです。
TunisNanban.jpg
調査して損しました。売り場ありません。ここもイノシシと清酒が単価0です。

最後にトルコ(黒海)からイスタンブールです。
IstanbulNanban.jpg
オスマン国の方申し訳ありませんでした。前回売り場がないと言ってしまいました。
五倍子、漆器、柚子、種子島銃、提灯と豊富にとり揃ってましたね。


まとめますと、
一地域に必ず1個追加されました。
そして、本拠地がある地域は2個追加されます。つまり、5個あることになります。
そして、待望の柚子が追加されましたが、相変わらず紫水晶の売り場がありません。全地域で100%単価が42kですね。

ちなみに台湾交易品はやりません。もうすでに表ができているみたいなのでそちらを参考にしてみてください。

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

南蛮貿易売り場に変化が

どうもマージュでございます。
ちょっと日記をいっぱい書いてみました。

先日のアップデートで台湾が新たに南蛮貿易の適用港となりましたが
まだ、台湾に上陸してないのでそれはおいおい後にしまして

長崎、堺、江戸に新しいものが増えてましたね。
長崎でイグサ、堺で狭織、江戸で提灯です。
さっそく提灯を持って帰ってみまして
私が休んでいた間にさっそく提灯の売り場が発表されていまして
ブリテン島(ロンドンとその周辺)とイタリア南仏(マルセイユ~ヴェネチア)、トルコだそうです。(証拠SS見てないので本当かは不明)
うちのブログに書いていた「南蛮貿易売り場まとめ」も内容変えないとねと思ってた矢先

マルセイユに着いたら、あれ??
五倍子がマルセイユでも50k↑になっている。前のチャプターだとアムステルダムの周辺だけだと思ってましたが
このSSから、イタリア南仏(マルセイユ~ヴェネチア)が追加されましたね。
Chapter2Nanbantrade.jpg

ということは、それ以外ものでも追加されたと思われるので、これらについては検証します。
なので、南蛮貿易売り場まとめの表は、検証結果が終わり次第内容変えますね。
wikiのほうも内容が変わってないようですし。

それにしても提灯は何ですかこれ。相場がいいと言え、単価が70k越えてます。
売りましたよ。20%ふっかけたらこんなかんじに
Chapter2Nanbantrade2.jpg

やりすぎでしょ。なんか、一気にインフレが加速しそうなんですが。
某ジンバブエみたいにならないことを祈ってます。

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

あら?船に変化が

1か月の休止期間にアップデートがありますよという情報自体知らなかった私に
寝耳に水の状態でして
いったい何が増えたのか全く分からない状態でした。
少しずつやってみたいと思います。

さてさて、いつものごとく南蛮貿易をして物を運んでいたら、
あれ?
商大クリッパー、強化回数1回増えてるじゃん
Chapter2Clipperfortrade.jpg
どうも、このアップデートで増えたみたいですね。
1回増えたんだ~。とおもって、強化のみてみたら、
Chapter2Clipperfortrade2.jpg
う~ん。縦帆があと+30で、横帆があと+25でしょ・・・。
ついでに、耐波性能を10にしたいよな~~と思っていまして

そうしたら、あと1回でそれらを強化するのは、微妙??
強化するには、主帆+砲門+兵装*2が出来て、
砲門はいらないから、
あとので、まかなうとすると、ちょっときついことが判明。
兵装の1つが、船匠室で決まりだと、
残りので、縦帆+30、横帆+25まかなうには
大ガフセイル(縦帆+25~+35)+大マスト(縦+15~+25、横+15~+25)
これって、運だよね・・・・。
あたし運ないし・・・。
なにかいい方法ないでしょうか・・・。
それとも、初期化?新たに作れ?
教えてください。ああ~神様

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

管理技術カンストしました!!

どうもマージュでございます。
また、1週間ぶりに書くことになってしまいまして。
ツイッターは毎日ぼやいてます^-^
mage_dolなので、フォローフォロー!!
フォロー返ししますよ。ちゃんと。

本題です。
とうとう管理技術がR10にあがりました\(^o^)/
managetechnologyR10.jpg
いや~最後はあのアイテム使っちゃいました。
rareitem.jpg
もう、管理技術あげにしか使わないでしょと思って、とっといたのを忘れてました。。。
10%とはいえ見た目以上に上がり方が速く感じます。

ということで、この娘の船の南蛮貿易優遇が白色になりました。
Nanbantreated.jpg

検証してみました。
いつもの白檀をいっぱい投入です。
Nanbantreated2.jpg
南蛮貿易優遇の船に乗らないとこんな感じだったのが
Nanbantreated3.jpg
即船交換したら、
Nanbantreated4.jpg
マニュアル通り、1.2倍(2割増し)ですね。これだけ増えても結構うれしいです。

さて、そろそろ冒険に戻ろうかしら??どうしましょ・・・w

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

まったりと・・・

どうもマージュです。
連休が終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

前回の復帰宣言の記事から1週間たってしまいました。
連休中なにしてたのって??私は家の片づけで終わってしまいましたよ・・・><

近況です。
復帰してから、一応コツコツと進めてはいたんですが
こんな感じです。
20100509mage.jpg
はい。変わってません。
管理上げはしてますが、スキルの熟練度はこんな感じ。
20100509mage2.jpg

いや~~報告するほど、上がってませんよ。
すいません。まったりとがんばります。
次の報告には、きっちり上げたいと思ってまして。
台湾の南蛮貿易もやりたいしね

あっそうそう。
OSを変えました。とうとうあれをいれました。
mynewpc.jpg
Windows7の64bitには対応しているっていうことは、あちらこちらから話を聞きました。
変えてみたけど、感想はって?
みため、あまりVistaと変わらないね。
早くなったのかな・・・。わかりません・・・。
私には、宝のもち腐れかもしれません。

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ただいま!復帰しましたよ

どうもマージュです!覚えてますか?マージュですよ
20100502mage2.jpg
一身上の都合によりネット回線がなくなり、ちょうど1ヶ月
やっと、ひかり回線が入り、DOL復帰しました。
復帰したのは良いけど、チャプター2が始まっていて・・・・。
ネットつながらなかった間の公式のニュースを見ていないので何が増えたのかが全くわかりません。
浦島太郎状態です・・・www
台湾??どこですかそれ??

まず、今現在のマージュの状況なんですが
こんな感じです。
20100502mage1.jpg
いまマージュがカルカッタにいるのは、管理上げをしていた途中というのはわかってはいましたが
ヨーロッパの武器のクエを受けっぱなしというのは忘れてましたね・・・。
ジャカルタに行きたいんですが、東南アジアが無法地帯なのはびっくり。
もうすぐ管理がR10になるので、それまではカルカッタでひたすらタフタを織って、管理上げの続きをやることにします。

また、見かけたら声かけてくださいね。

↓大航海時代ブログリンクはこちら↓
DOL・ブログ
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム